家庭教師でのトラブル@

HOME TEACHER.INFO -失敗しない家庭教師の選び方-

「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」 参考サイト
HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方  トラブル

トラブルの元となる高額な「教材販売」に気を付けよう!

家庭教師と教材の抱き合わせ販売
家庭教師を派遣して、家庭教師が勉強を教える・・という目的では無く、高額教材を売る事が第一目的の「家庭教師」の紹介を巧みに利用する商法があります。
尚これは最も悪質なタイプで、全国の消費者センターに多くの苦情・相談が寄せられています。

しかもその対象となる層があって、電話勧誘の場合、主に小学6年生の後半から中学1年生の前半が狙われる傾向にあるようです。何故なら、中学3年分の教材を一度に買わせる事が可能な為です。

[PR]

その手口@
電話勧誘やチラシ等で「○大の学生サークルです」と言ってくることがありますが、実際は名乗ったとおりに○大の学生でない場合も多々あります。
むしろ、高校生をこのようなテレホンアポインターに採用している例もあるようです。
彼らは求人誌などで、「学習アドバイザー」という歩合制のアルバイトとして集められている。
しかもそれに参加している人の中には、やはり確信犯的なアルバイトも多いが、「サークルである」と本当に信きってしまっている「学習アドバイザー」も少なくありません。

その手口A
あなた自身の近所のスーパーや銀行の掲示板や壁になどに張ってある手作り風チラシやポストに投函されるチラシなどに「学生サークルで家庭教師をやっています」と、一見良心的なサークルをアピールし、装っているケースがあります。
尚「体験授業」を申し込んだ依頼者向けの授業の終了後、高額教材の必要性を説いて、売りつける悪質なケースがあります。

その手口B
「家庭教師」を紹介する事が目的のようなふりをしていますが、契約上では、「家庭教師」は個人契約(料金などは先生に直接支払)で、あくまで、団体(会社)との契約内容は「教材」についてのみの記載。
ちなみに、この先生に払う金額は1時間当り2000円なので、一見良心的に見えるのが特徴です。
現在ではこの手の教材は数種類存在しますが、そのほとんどは決して良い教材ではないとのことです。少なくとも「数十万円」という高額のの価値がある教材とは確実には言えないようです。

その手口C
「クーリングオフ出来ますから」と前置きし、教材のローン申込書・契約書にサインをさせるのですが、担当する教師を8日後以降(つまり、クーリングオフ期間終了後)に紹介し、時間差によりクーリングオフが出来ないようにさせる悪質な手口です。

その手口D
仮に、先生またはその先生の行う授業に納得できず解約しても、「教材」を購入した契約と「家庭教師の派遣」は別の契約なので、ローンのみが残ってしまいます。

おすすめWEBサイト 5選

Qoo10で買い物
http://www.chubu3d.com/
和食器の通販
http://www.utsuwa-yamato.com/

最終更新日:2017/1/23

「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」 サイドメニュー
トップページ
家庭教師の選び方@
家庭教師の選び方A
家庭教師でのトラブル@
家庭教師でのトラブルA
お問い合わせ
「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」 家庭教師情報満載!!
「HOMETEACHER.INFO 失敗しない家庭教師の選び方」 情報満載!!